コラーゲンと骨の関係

老化に伴って、骨や体にさまざまな徴候があらわれますが、コラーゲンがたくさん存在する臓器には、老化の症状が特に目立ってあらわれるようです。


まず、皮膚は弾力性を失い、たるんできます。


血管壁はかたくなり、高血圧や動脈硬化などの病気になりやすくなります。


骨は内部がスカスカになってもろくなり、ひどくなると骨組繋症になります。


関節は動きにくくなり、骨関節炎などになりやすくなります。


このような老化現象や老人病は、コラーゲンの年齢に伴う量的あるいは質的変化と関係があると考えられます。


まず量的な変化ですが、ある臓器ではコラーゲン量が年齢と共に減少してきます。


たとえば、皮膚の真皮です。


真皮ではコラーゲンの線経がゆるく絡み合って、三次元的な綱目構造をつくっています。


これが皮膚の弾力性・伸縮性のもとで、力が加われば網目構造は変形しますが、力が除かれるとスプリングのように元に戻ります。


年をとってくると、コラーゲンの線経がまばらになり、一本一本も細くなって、からみが少なくなってきます。


このような変化が、皮膚の弾力性を失わせ、たるみやシワの原因になっていると考えられます。


骨は、コラーゲン線経とそれに沈着するハイドロキシアパタイトという無機物質(カルシウムとリン酸を含む化合物)からできています。


年をとると骨の量が減少する・・・つまりコラーゲンとハイドロキシアパタイトの両方が減少して、骨の中がスカスカになっていきます。


当然、骨の強さは低下して、折れやすくなります。


骨の減少がある値をこえると、骨粗繋症という病気になります。



コラーゲンと骨の関係